「ミネラルウォーター」は好きかな?嫌いかな?いろいろ思いがあるかもわかんないけど、さほど悪くなんてないんじゃないかな、「ステーキ」は。そう考えたりしない?

「ミネラルウォーター」は好きかな?嫌いかな?いろいろ思いがあるかもわかんないけど、さほど悪くなんてないんじゃないかな、「ステーキ」は。そう考えたりしない?

乙女は夜の暗闇に脅える

↑ページの先頭へ
枠上

控え目に吠える妹とわたし

友達の両親が梅干しを販売しているとの事。
天神に本部があり台湾にショップもでき、和歌山にファクトリーがある。
日本全国に、たまに、何名かのグループで訪問販売をするらしい。
夜中、これを聞いていると、おなかがすいてきた。
梅干し食べたくなった〜!と言ったら、もちろん!と出してくれた。
この友人と食べたこの梅干しが、これまでで最高に美味しかった。
という事で、さっそく梅干しを注文してしまった。

薄暗い水曜の夜に微笑んで
笑った顔って素敵だなーと感じるので、なるべく笑顔で話すようにしている。
もちろん、場所と状況と考えて。
しかし、他人に押し付けては良いとは言い難い。
結局は、一括では言えないけれど自身の考えとして。
さっきまでシリアスな表情で真剣に商談をこなしていた人が、笑顔になったその瞬間。
すごーく大好き。
笑い皺がある人がタイプ!とよく言う友人。
気持ちも分かるかもしれない。
枠下 枠上

ノリノリで熱弁するあの人とアスファルトの匂い

セミ鳴き声もやんだ夏の日の夜。
少年は縁側に座って、スイカをほおばっていた。
西瓜をかじってはタネを庭に向かって吐き出していると、ときおりタネが遠くまで飛ばず、自分のお腹や胸に落ちたりしていた。
隣に置いたかとり線香の香りと、扇風機を浴びる暑い夜、それから口いっぱいの西瓜。
少年はそれらを感じながら、この夏これから何をして遊ぼうかな、と夜空を見上げた。

そよ風の吹く火曜の夜明けに外へ
太宰治の人間失格を全部読み終わって、主人公の葉ちゃんの気持ちも共有できるな〜感じた。
主役の葉ちゃんは人間なら誰でも抱いている感情を、多く抱いている。
そういった部分を、内に秘めないで、酒だったり女だったりで、解消させる。
最終章で、行きつけのバーのマスターが、「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
その部分で、主役の葉ちゃんは器用ではないんだと、いつも可哀想になってしまう。
枠下 枠上

雲が多い週末の午後は友人と

息子がマルモダンスをまねしている。
私たちは教えていないけど、2歳なのに頑張って踊っている。
映像の中でマルモのおきての音楽が流れると、録画映像を見るとだだをこねて泣いてしまう。
保存した映像をつけてあげるとエンドレスでずっと見続けている。
親としては、映像を見てばかりより絵本を見たり、おもちゃで遊んだりするほうがいいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら必ず離れていくものだから、今だからこそ遊んでおくのも自分の為でもある。

笑顔で踊る友達と冷めた夕飯
北方謙三さんの水滸伝の血が通っていて男らしい登場人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主要な登場人物が108人でてくるが、敵方、政府側の登場キャラクターも人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
作中人物に人間的な弱さが見えるのもまた、心がひかれる理由だ。
心が弱いなりに自分の目標とか未来の為に可能な限り努力しているのが読みふけっていて魅了される。
読破していて楽しい。
けれど、心ひかれるキャラクターが悲しい目にあったり、希望がやぶれていく話も心にひびくものがあるから熱中するフィクションだ。
枠下 枠上

どしゃ降りの火曜の夜明けはお菓子作り

今日の体育はポートボールだった。
少年は、ボールを使ったスポーツが苦手なので、つまらなそうに体操着を着ていた。
今日はきっと、運動は何でもこなすケンイチ君ばかり注目を集めることになるはずだ。
今日はきっと、運動神経抜群のケンイチ君が活躍するんだろう。
そうなると、少年が恋しているフーコちゃんも、ケンイチ君がヒーローになるところを見るなるのだろう。
少年は「あーあ」とこぼしながら、体育の場へと小走りで出て行った。
でもフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなくて、少年のことをチラチラ見ていたのを、少年は気がつかなかった。

そよ風の吹く平日の夕方は足を伸ばして
海がたいそう近くで、サーフィンのスポットとしてもとても有名なスポットの歩いてすぐに住んでいます。
なので、サーフィンをしたことがある人はものすごく多く、仕事の前に朝少しでも波乗りに行くという方もいます。
そのように、波乗りをしている方々が多数いるので、いっしょに行こうと言われることがとても多かったのですが、どうあっても断っていた。
それは、俺が、運動神経がにぶく、泳げないからだ。
しかし、泳げなくてもできると言われ、やってみたけれど行ったスポットは熟練者がする海で、テトラポッドが近くに置かれていて、スペースがごく狭い浜辺だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。
枠下 枠上

ひんやりした大安の昼は食事を

今更ながら、ニンテンドーDSに依存している。
最初は、DS英単語に英語漬けやターゲットのゲームソフトを購入していたのみであった。
しかし、ヨドバシでソフトを選んでいたら英語関係以外も目移りしてしまい、結局欲しくなってしまう。
ソムリエDSやクロスワード、逆転検事など。
変わり種で、中国語講座も売れているらしい。
DSは、待ち合わせなどの、暇な時間にも活躍しそうだ。

風の無い平日の朝にお菓子作り
少し前、体の調子があまり良くない上に、偏食と、眠りの具合が良くなかったので、シミが多かった。
改めようと思って、生活リズムを送り、肌に良い事をし続けようと周りの意見を聞いた。
そしたら崇拝されていたのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
今も毎晩飲む。
レモンよりもビタミンCがたっぷり含まれているとの事だ。
健康的な体と美はやはり食事から出来るのかもしれない。
枠下
枠下
枠上

サイトメニュー

枠下
Copyright (c) 2015 乙女は夜の暗闇に脅える All rights reserved.